狩野英孝の家族構成!父親は神主!母親や兄弟についても調査!

ナルシストの天然いじられキャラで人気になり、お笑いタレントやYouTuber、神主とマルチに活躍している狩野英孝(かのえいこう)さん。

そんな狩野英孝さんですが、どんな家庭で育ったのか気になりますよね。

この記事では狩野英孝さんの家族構成や両親について紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

狩野英孝の家族構成図

狩野英孝は4人家族

狩野英孝さんは、4人家族です。

父親:狩野勉

母親:狩野千代子

狩野英孝

弟:狩野孝彦

ご両親と兄弟1人という家族構成です。

狩野英孝さんは2人兄弟の長男なんですね。

狩野英孝の実家は宮城県栗原郡


画像引用元:マセキ芸能社

 

狩野英孝さんは、宮城県栗原郡栗駒町で育ちました。

栗駒町立尾松小学校
・栗駒町立栗駒中学校
・宮城県築館高等学校
・日本映画学校(現在の日本映画大学)

実家は、飛鳥時代(約1500年前)に創建された歴史の長い由緒ある「櫻田山神社」です。

安産、子育ての神をまつる神社として知られています。

現在は、お父さまの後を継いで、弟さんと2人で神主を務めています。

神社の長男として大切に育てられていましたが、お父さまは、厳格でしつけにも厳しかったようです。

小学生時代は、バラエティ番組を見せてもらえずお父さまに隠れて見ていたそうです。

子供の頃に通っていたピアノ教室で「ちびまる子ちゃん」を読んで大好きになり、全巻持って上京しました。

「花輪くん」をイメージしてネタを作ったところ、それがウケて今のキャラクターにつながったようです。

狩野英孝の父親はどんな人?

父親のプロフィールや顔画像は?


画像引用元:狩野英孝オフィシャルブログ

 

プロフィール

名前:狩野勉

年齢:享年60歳(2012年9月心筋梗塞により死去)

職業:神主(櫻田山神社第38代宮司)

出身:宮城県?

父親の職業は神主

父親の職業は、櫻田山神社の神主です。

勉さんは宮城県栗原市で創建1500年の歴史を持つとされる桜田山神社の第38代宮司。勉さんは生前、長男の英孝が後継者になるように望んでいた。神社は08年6月の岩手・宮城内陸地震と11年3月の東日本大震災で被災したが、復旧した。

引用元:日刊スポーツ

父は団体職員を経て第38代目の神主に。

岩手・宮城内陸地震と東日本大震災では、父・勉さんが神主を務める櫻田山神社も被害を受けました。

その後、地元の支援や修繕金で再建を果たし、また「ファンからの賽銭の増加も再建に役立った」とテレビで勉さんは語っています。

その感謝の気持ちから、父親主催の春の例大祭で狩野英孝さんが無料ライブを行い、ファン4000人が集まったそうです。

父親のエピソード

狩野英孝さんのお父さまは、神社の子供がクリスマスを過ごせないのはかわいそうだと思い、クリスマスツリーを用意し子供たちを喜ばせようとしていたようです。

狩野さんは、子供心に「お父さん、スゴい頑張ってくれてるな」と感謝の気持ちを抱いていたと言っています。

盛り上がりすぎたお父さまが鳥居にイルミネーションを飾ろうとして「そこまでしなくていいよ」「もう充分に伝わっているよ」と止めたそうです。

小さいころから何かするたびに、「神に仕える子が何をやっているんだ!」と言っていたのに、クリスマスだけは、盛大にサンタの姿でパーティーをしてくれたそうです。

狩野英孝の母親はどんな人?

母親のプロフィールや顔画像は?


画像引用元:狩野英孝オフィシャルブログ

 

プロフィール

名前:狩野千代子

職業:専業主婦

母親は専業主婦

母親は専業主婦です。

その母屋で「匠」を出迎えたのは、狩野英孝さん。(中略)神主を務めるお父さんと、家事を担うお母さんの紹介も済むと、そのままご家族と一緒に母屋の中を検証してまわる「匠」。

引用元:朝日放送

結婚する前は、保育士をしていたようです。

現在は、神主の息子たちの留守を守り、神社の管理をしているそうです。

お母さまの描く御朱印は、かわいいと評判なのだとか。

母親のエピソード

狩野さんがスキャンダルをおこし、実家で謹慎期間を過ごしていたとき。

食欲もなく、ご飯も食べないでいたところ、お母さまも食べなくなってしまい「ご飯はちゃんと食べよう」と二人で約束をし、そこから生活を立て直したそうです。

謹慎生活は、かなり落ち込み辛かったそうですが、お母さまの優しさに支えられたようです。

狩野英孝の弟はどんな人?

弟のプロフィールや顔画像は?


画像引用元:レジュメディア

プロフィール

名前:狩野孝彦

生年月日:1985年

年齢:39歳

職業:放送作家

学歴:東北福祉大学

弟の職業は放送作家

弟・孝彦さんは「狩野B孝」のペンネームで放送作家として活躍しています。

また神主の資格を取得して、実家の神社を兄弟そろって守っています。

最初は俳優を目指しましたが人前で演技をするのがつらくなり、養成所で勉強をして放送作家になることにしました。

〈そしていまや放送作家歴15年。『マツコの知らない世界』(TBS系)、『新しいカギ』(フジテレビ系)、『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』(NHK)など、数多くのテレビやラジオの番組を担当している。〉

引用元:マネーポストWEB

弟のエピソード

孝彦さんは、小学生のころから芸能人になりたいと言っていた狩野英孝さんを応援していました。

両親に反対されても芸能人になりたいと思う意志の強さやバンドでギターをかっこよく弾いている姿を見て、スターになると信じていたそうです。

狩野英孝さんが大学生のときに行われた路上ライブをお母さまと見に行き、「本当に福山雅治みたいになると思っていた」と語っています。

孝彦さんにとって狩野英孝さんは、自分も頑張らなきゃと思わせてくれる存在で、行き詰まるとお兄さんの出演番組を見て勇気づけられているようです。

狩野英孝さんのInstagramに孝彦さんのお子さんがよく出できたり、兄弟で協力して年末年始の神社の仕事をされているので、大人になっても仲良くされているのがわかりますね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次